ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.03.13 Friday

皆さんお変わりないですか

なくなっていたペーパー類も徐々に戻り始め、マスクの転売禁止で供給もそろそろ安定するのかな?

と思えるこの頃。

やっとスタジオ用に除菌スプレーを買うことができました・・・キッチン用だけど。

ただ、欧州での感染拡大も加わり、情勢は不穏ですね。

私達はと言えば、変わりなく踊り、変わりなく学んでいます。

朝ドラじゃないけど、先生として「ゆるぎない強さ」を持つには必要な時間です。

まだまだやらねば。

 

 

とか書いちゃって。

 

 

現実は、けっこうユルユルです。

試合とパーティーと確定申告が重ならないだけで、こんなに気持ちが楽なのか!

というのを実感しながら人生を楽しんでおります。

ダンスもゆっくり取り組んで、音楽聴いたり、マスク作ったり、次の企画を練ったり。

 

休日があるっていいなあ!

新しいことをやる余白ができる。

 

ただ、あとから色々しっぺ返し来そうでメチャ怖・・・・!

手洗い・うがい・練習して備えよう。

 

20200313_2963999.jpg新作は黒!比呂志には不評!

 

 

 

 

 

2020.03.07 Saturday

【コロナウィスルへの対応】、そしてマスクを手づくる

【コロナウィルスへのスタジオの対応】

遅くなりましたが、おやまダンススタジオでは2月25日より下記対応にて通常営業しております。

 

〇換気

〇うがい薬の設置

〇講師のマスク着用とレッスン前の手洗い

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

-----------------------------------------------------------------------

 

レッスン中はマスクを・・・と決めてはみたものの、マスクの在庫はそんなにないんですよね。

どうしようかな〜なんて考えながら、

作ってみたのがキッチンペーパーマスク。

20200307_2961425.jpg桜を咲かせて部屋を隠す・・・。

カラフルヘアゴムと、キッチンペーパーを糸で縫い合わせてみました。

案外いけそう。

でもこれ使い捨てでしょ?

縫わないと顔にフィットさせるのは難しいのですが、毎回チクチクはさすがに厳しい。

医療用の白いガーゼも売り切れてるし・・・

 

そんな時、ユザワヤで売ってたんです。

マスク用ゴム紐と、ダブルガーゼ(二枚重ねのガーゼ)!

 

そこで出来たのが第2弾

20200307_2961421.jpg

 

・・・。

 

ガーゼ、「迷彩」か「ロケット柄」か「あずき色」くらいしか選択肢なかったんですよね・・・。

優しい比呂志は、ちゃんとつけてくれました。

at ダンススタジオ・オカザキ

 

 

ガーゼは内側だけでいいんじゃない?

ということで、他の布を求めて家じゅう捜索。

ありましたよ・・・

 

20200307_2961427.jpg

さらし。

 

10年前の衣装の残りが、時を経てよみがえる・・・!

 

もうメッチャ作れるやん。10mあるわ。

 

というわけで、第3弾

20200307_2961423.jpg

中は迷彩になってて、ちょっと透けて見えます。

 

さすがに作るの早くなってきた。

手縫いで1枚45分。

ただ、ゴム紐が適当サイズなので、喋ってるとだんだん右に傾いてくることが本日判明。

 

まだまだ試作は続きます・・・

 

 

ていうか、こんなんやってるうちにマスクの供給復活したりして。

(もちろん緊急のところに先に供給して、そのあとでいいけど)

むしろお願いします・・・!

2020.03.05 Thursday

キャンペーン始めました。

あれもダメ、これもダメ。

あれもない、これもない。

殺伐としたこんな世の中じゃポイズンですよね、ほんと。

 

コロナは怖いけど、生きていかねばならぬ。

お客様が少しでも安心して、毎日が楽しくなるための場所であるように。

目は前に進むために前についているわけで(byのび太)、とにかく色々考えてキャンペーンをひねり出してみました。

 

題して、

おやまダンススタジオ

「はじめてのダンス&これからもダンス 応援キャンペーン」です。

2020年3月1日〜5月31日

 

ものすごくザックリ言うと、

1、初心者コースの方へのダンスチケット10%割引販売

2、期間内に期限を迎えるダンスチケットは、すべて一律で5月31日まで期限を延長。

3、ご紹介での体験レッスンは無料、そして入会されると紹介者にチケット4枚プレゼント。

 

どうかな〜

 

これだって、これからの情勢でどうなるか全然わからないわけです。

とにかく動いてみようということで。

またなんかマシなアイディア沸いたら企画にしますね。

 

少しでも明るく

少しでも楽しく

頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

というわけで、今日はこれからマスクつくるじょー

自信は、ない。(不器用)

 

2020.02.28 Friday

軒並み延期です

今週末に予定していたスーパージャパンカップ、来週末の神奈川ダンス選手権、その次の週のスターライトダンサーズ・ダンスパーティー。

すべて延期となりました。

(ちなみにその次の次の週にフェニックスダンサーズのパーティーも予定されておりまして、こちらはまだ一応開催予定でおります。)

3月・4月はイベントの多い時期でして、今後も様々な影響が出てくるんでしょうね。

主催者の覚悟と経済力が試される・・・つらい!

それにしても、延期かあ。どこでやるつもりなんだろ。

飛天の間とか大きい箱借りて、もう全部合同でやっちゃえばいいんじゃないとか思ったり。

・・・乱暴ですね、すみません。

 

 

実は私の実家は保育園の経営をしてまして、そっちのほうが心配だったりするんです。

昨日の安倍首相の会見を受けて、全国の小中学校が休校の舵を切り始めました。

しかし、厚生労働省管轄の保育園や学童保育はそのまま開所を求められています。

就学前の幼い子供を置いて、仕事に行けないですもんね・・・。

しかし、保育士さん自身のご家庭事情もあります。

そのはざまで、うちの親が対応に追われるであろうことは明白でした。

感染対策で仕事も増えるでしょう。

行って大丈夫なのか?という問い合わせも、たくさん来ていることでしょう。

私が知らないだけで、もっといろんなことが起きているはず。

心配して電話してみたけど、話をしている余裕が彼らにはない。

帰って何か手伝う?とも考えたけど、むしろウィルスの危険度を上げるだけなのかもしれないし、

そもそも一介のダンサーである私に、できることなんてないのです。

 

経営するということは、様々なリスクの責任をとるということなので、彼らが大変なのは当たり前なんです。

それはわかってるんですが・・・

一方的な行政の変更や通知に振り回され、職員や通ってくださる子供たちのことを考えてその都度悩み、決断して。

絶対に適当なことはしない人達だと知っているからこそ、

年老いた彼らが、不測の事態へ必死に立ち向かっているのを想像すると、娘としてはなかなか・・・。

唯一伝えた「身体気を付けてね」の言葉の、なんと虚しいことか。

一番危ないのは親自身なのだから。

千葉の大学を選んで上京し、東京でダンス教師になって結婚して。

親元から遠く離れてしまった私です。

こんな思いするなんて知らなかったなあ・・・。

 

 

小さいけれど、本当にいい保育園なんです。

父さん、母さん、どうか無事で。

そして、保育園の子供たち、親御さん、職員の皆さん、無事でいられますように。

 

 

2020.02.25 Tuesday

コロナウィルスへの対応

感染が広まってますね。

お子様をお持ちの方、妊娠中の方、体の弱っている方が身内にいる方、不安になられているかと思います。

ここ1〜2週間でどうなるかです、本当に。

 

スタジオの営業は、今のところ特に変わりなくさせていただいております。

基本的に、皆さんご自分で判断してお休みされていますし、大人数が集まる場所ではないので・・・。

本日からは、洗面所にうがい薬も置きました。

レッスンの前後にご利用いただければと思います。

マスクや消毒薬は、どこも売り切れです。

手洗い・うがいを丁寧に。

20200225_2956581.jpg

 

今週・来週とコンペが続きます。

私達も免疫力をしっかり上げて対応していきたいです。

 

 

 

2020.02.14 Friday

蒲田で会ったモロッコ人の話。

黒湯温泉入りたいな〜なんて、ふと思いまして。

仕事終わりそのままに、池上線に乗って蒲田へやってきました。

 

比呂志と組んでおやまダンスに勤務するまでは、全く縁のなかった蒲田。

ちょっと神奈川の香りがする大田区の大きな街です。

いつも行く温泉は、駅から歩いてすぐ。飲み屋やパチンコ屋の中に鎮座してます。

(なんなら経営母体もパチンコ屋さん)

 

急に思いついて来てみたけど、替えの靴下くらい買うか〜なんて思って、駅の目の前にあるドン・キホーテへ向かいます。

欲しいものがあるけれど、山手線の駅まで行くのは面倒くさい・・・そんな時に御用達のお店。

24時間営業!!

駅へ向かって開いた入り口には、安売りの洗剤・衣料やお菓子、はては焼き芋まで!溢れるように置いてあります。

カオス(けっこう好き)。

 

その日は夜もまだ早い時間だったので、たくさんの人が出入りしています。

行きかう人をすり抜け、2階の衣料品売り場へ向かおうとした刹那。

背が高い黒人の男性と、一瞬、本当に一瞬目があいました。

別に特別なことではなかったので、そのまま階段に足をかけた瞬間。

声をかけられたんです。

「Can you speak English?」

 

基本的に、私はあんまり無視しません。

よっぽどのこと(パッと見でヤベエと思ったり、死ぬほど急いでるとか)がないかぎり・・・。

渋谷で道を聞こうとして、全員に無視され続けた(東京砂漠!)と泣きそうな顔をして話す郷里の友達を見てから、

一応、第一声はお伺いすることにしてます。

 

なので、今回も「はい?」と応対。

「ちょっとこっち来てくれ(意訳)」と榊をいざなう彼。

商品選びに困っているのかな・・・?

 

1階は手前に化粧品や洗剤などがあり、奥にはお酒やお菓子など食べ物が置いてあります。

黒人の彼はスイスイと奥へ。

冷やしたチューハイ売り場の前で止まって、なんか喋ってる。

(ここから先は、すべて意訳でございます)

 

「私、モロッコ人です。」

「おーモロッコ!モロッコね!」

「来たことある?」

「うーん・・・ないなあ・・・」

「日本人ってお酒好きな人もダメな人もいるんでしょ?」

「まあそうね」

「あなたは?」

「飲む。(たしなむ程度です・・・という英語教えて誰か)

「どの味がいいかな?」

「味?これはグレープフルーツでしょ、これは桃・・・これはすごいアルコール多い(=ストロングゼロ)よ!」

「どれがいい?」

「?」

「もし良かったら、コレ1本飲む時間、一緒にお話ししない?」

 

おお!

 

斬新・・・!

 

 

なんとナンパされてたんですね。

気が付かなかった。

 

ここでちゃんとお断り

「私は今からお風呂に行くのよ。そこでハズバンドが待ってる(本当は待ってないけど)。」

「OFURO・・・」

「あーONSEN・・・違うわ、ホットスプリングね、Hot Spring。」

「ほんと?蒲田に?あるの?」

「そうそう、結構有名よ、蒲田。大田区いっぱいあるよ。KUROYUだよ。ブラックブラック。」

「多摩川に5年住んでるけど知らなかった!」

 

多摩川在住ですか・・・。

 

「僕にも奥さんいるけど、たまには他の人と話したいんだ、わかるよね」

「ん〜・・・そう?」

「You are beautiful!もちろん旦那さんはそれを知ってるだろうけど・・・」

 

!!

 

You are beautiful !

ゆーあーびゅーてぃふる!

 

色々突っ込みどころは満載なれど、この一言で帳消しにしてしまいそうになる破壊力。

すごいな・・・!

わたくしにそれを!臆面もなく言えるのですね!

見習ってくれ日本男児(比呂志)。

 

いやちょっと待て。

ワシはゆっくり風呂に入りたいんじゃ。

 

彼は、最初から最後まで本当に腰が低く丁寧で、

話してみても楽しそうだな〜ってちょっと思った(Beautifulだし)んですが、

丁寧にお断りいたしました。

「ごめんね、私はお風呂行くよ。話しかけてくれてありがとう」

 

そうして榊はドンキを離れ、無事黒湯に身を沈めたのでございました。

(靴下は買えなかった)

 

ほんとね、美しいとか言われると嬉しいね。

単純だけどね。

ぜひ周りの女子に言ってほしいです、男性諸君。

言葉、大事。

 

 

以上、蒲田で会ったモロッコ人の話でした。

(今日はバレンタインなので、比呂志を褒めちぎらねば)

 

2020.02.05 Wednesday

最近の練習

いよいよ2020年最初の試合も今週末に控えまして、

最近の私たちは、踊り込みメインの練習になっています。

わかっちゃいるけど、疲れるから楽しいわけではない踊り込み。

 

そこで使うのが、dsi-TV(インターネット上のダンス動画サイト)なんです、奥さん!

先日終わったUKダンス選手権・準々決勝以降の動画音源でひたすら踊っています。

 

なんで準々決勝以降かというと、そこから生バンドなんですね。

臨場感大事。

しかし、ds-TVのおじさん実況も入っちゃうのが玉にキズ・・・こればっかりは現地に行かないと無理か〜。

日本インターなんかは3予選から生バンドだし、今度の試合で使われるカム&ダンスシリーズのCDもバンド音楽なんですが、

海外のバンドはちょっと音が違う感じがするんですよね。

湿気がないというか軽いというか。

ちょっとうまく言えないのですが。(もうちょっと音楽を勉強しなくちゃだめですね)

 

そういえば、B級ラテンの前はブラックプール・ダンスフェスティバルのバンド音楽で踊りこみしてたなあ・・・

長さが2分くらいあって、曲が長いB級の練習にはちょうどよかったのです。

そういえば。

今回使っているUKダンスのやつは短いんですよ、曲。

短いのに慣れるとあんまりいいことない。

苦笑

今週末大丈夫だろか・・・。

 

いや!

大丈夫!

がんばります!

 

 

2020.01.28 Tuesday

資格試験

一応、私たちの所属している団体には教える資格というものがありまして。

(教室のオーナーが上位の資格を持っていれば、なくても教えられる・・・のかな?)

比呂志も私も今は2級を持っているのですが、今年1級を受けることにしました。

 

受けることにしました・・・?

今から申込用紙郵送します。

ダメだって言われたらごめんなさい。笑

 

資格。

要は教科書全部キッチリわかればいいだけの話なんですけども、これが結構たいへんなんですね。

一番最初の5級が一番きつかったなあ・・・わけわかんなくて。

もう10年くらい前です。

踊れないし、意味もわからない、というダブルパンチ。

ゲッソリしながら勉強した記憶があります。

 

教科書わからんくても、教えられるとは思うんです。

ただ、ちゃんと勉強すると地力が上がるんですよね。

いろんな生徒さんに対応できるようになります。

5級を取った時に、それはとても実感しました。

もちろん、勉強だけじゃなくて踊れないと意味ないんですけども。(ここは大事)

 

1級かあ・・・難しそ。

やだなあ・・・笑

(面倒くさいのは面倒くさい)

 

3月に講習会があるはず。

とりあえず、郵便局行ってきまーす。

この時代にコピーと書留郵送・・・とりあえずそこは突っ込まない。苦笑

2020.01.21 Tuesday

溶岩○○はじめる。

その日は、なんだかとても身体がこわばっている感じがしていまして。

練習→外のサークル仕事を終え、ちょっと一息ついた夕方のことです。

定期的にお願いしている整体の予約はまだ先だし、どうにかならんもんか・・・

 

あ、そういえば。

 

てな感じで、ポストに入っていたチラシの体験レッスンを受けてみることにしたんです。

 

溶岩ヨガ。

 

簡単に言うと岩盤浴しながらヨガする感じ・・・らしい。

自転車でエッチラ向かった駅近のそのお店は、女性専用で必要最小限の設備だが、掃除の行き届いたとても綺麗な場所でした。

大柄で笑顔がかわいい受付のお姉さんに事前説明を受け、レッツラ・溶岩!

 

暑い・・・

けど、1時間レッスンの真中で休憩入れてくれるからまだ平気。

しかし暑い・・・。

文字通り滝のような汗をかいて終了。

 

このスタジオ、設備に無駄がないだけじゃなく、お客さんの行動にも無駄がないんですよね。

レッスンが終わったとたん、スーッと皆さんシャワールームへ。

もちろん全員は入れないから、並んで順番を待つんですが、私語はほぼなし。

みんな黙々と着替え、ヨガをし、シャワー浴びて帰っていく・・・。

 

そんな修業のような空間がちょっと気に入りまして、その日のうちに即入会してしまいました。

月4回行けるコースなので、気晴らし程度のヨガ道ですが、エンジョイしたいと思います。

 

それにしても。

あの暑い空間で2コマ連続レッスンするんですよ、先生が。

す ご い。

頑張ってついていこー

2020.01.15 Wednesday

Official髭男dism「Hall Traveler」

DSC_2153-300x400.JPG
テレビドラマの主題歌で知って
Youtubeのアカペラ見てライブ見たくなって
ファンクラブ入って抽選受けて
昨年当選したヒゲダンさんのライブ。

先日行ってきました。
パシフィコ横浜です。

今まで行ったことがあるのは、
ジャネットジャクソン at東京ドーム
ブリトニースピアーズ atラスベガス
シカゴ at国際フォーラム
CHAGE and ASKA at日本武道館
なんですけども。
なんか一番楽しかった気がします。
アーティストと会場の熱量がちょうどよいというか…。

バッキバキに乗った彼らの音が、5000人収容(満席)のパシフィコに鳴り響き、最初から1,2階席はほぼ総立ち。
ライブがとにかく良いとの評判は聞いてましたが、あれだけのパワーで歌い抜けるのはすごかった。
そして、生音ってのは良い。
ほんと良い。
腹に音が響き、熱量や心を感じられるから…。
にわかファンなもので、全部の曲を知ってる訳じゃなかったけど、十分音楽を楽しめました。

帰り際、一緒に行った比呂志曰く
「もう少し抜いた感じの声も聴きたかったなぁ」。
緩急の緩の部分。
確かに、そういう彼ら見てみたいかもね。
3月からはアリーナツアーも始まるそうで、もっと大人数の観客からの圧力を経て、彼らはどんどん進化していくんだろうなぁ。
すごいなぁ。

ちなみに、比呂志はライブデビュー戦だったらしく、
「俺の初めてが縁もゆかりもないバンドに持っていかれた」だって。

縁とゆかりがあるバンドってなんだ。


隣に座っていたファンの方、とても良い人で。
とっても楽しそうに応援してて、私もすごく良い気分になりました。
飴までいただいちゃった。はは!
本当にありがとうございました。

こうして直に音を聴いて、ファンの人も含めて空間を楽しむっていいですね!
ヒゲダンさんもまた行きたいけど、
他の人も気になったらライブ行ってみようと思います。

(写真は横浜駅まで歩いた帰り道。青青青ー)
Powered by
30days Album